東京インスパイア

都内で働く高卒リーマンの記録

洗脳された芸能人の事件をまとめて考察してみた

f:id:satril:20161224181904j:plain

先日、テレビを見ていたら『X JAPAN』が紅白に出場するというニュースが飛び込んできて、去年に続き 2 年連続の出場が決定したらしい。『X JAPAN』は、根強いファンが多く、自分の友達にも『X JAPAN』を好きな人は、結構多い。国民的なロックバンドともいえる『X JAPAN』だからこそ、国民的な歌番組である紅白歌合戦に出場することは必然ともいえると思う。

もっとも、ここまでメンバーが良好な関係に至るまでに経た道のりは、険しくも長い。『X JAPAN』といえば、ヴォーカルの ToshI が 1997 年頃から洗脳されていた事件が有名だと思います。

 

月日が流れて、2014年に ToshI が『金スマ』に出演し、洗脳されて解放されるまで、いかに壮絶だったかを告白して大きな話題を呼んでいたことも記憶に新しいと思います。

個人的には、同年に ToshI が記した、自伝小説『洗脳』がかなり興味深かったのを覚えており、この本を機会に他にも芸能人が洗脳された事件がないか探してみましたので、自分の考察も交えてまとめてみました。

スポンサーリンク
 

 

洗脳によって5億円失ってヘアヌードまで出した辺見マリの場合

芸能人の洗脳問題で一番有名といっても過言ではないのが、辺見マリだと思います。テレビ朝日系列の『しくじり先生』で、当時の状況を赤裸々に告白していて、大きく話題を読んでいたと思います。自分がよく見る Togetter にまとめられていたので、リンク貼っておきます。

togetter.com

番組の中で「完全洗脳(100%)= 無限 ATM 」というキーワードを引き合いに出して、当時、辺見マリを洗脳していた、拝み屋(K)と友人(A)に借金しても金を払い続けるという 状況を作り出し、いかに狡猾な手口だったかを AOSK(安心・驚き・嫉妬・囲い込み)という表現を使って暴露していました。

ペットシッターの洗脳によって何もかも取られた毬谷友子の場合

しくじり先生には、元タカラ毬谷友子も出演してました。この記事を書く前に毬谷友子について、実家にいた母親に聞いてみたんですが「毬谷友子といえばかなりのお金持ちじゃなかった?」と言っておりました。

個人的には「金持ちって騙されるの?」って考えたりもしたのですが、騙される方は、騙されるんですね。彼女の場合もTogetter に、 まとめられていたので、リンク貼っておきます。

togetter.com

番組の中では『ダマされ女の 4 大特徴』ということで、以下の 4 つを挙げておりました。

  1. 執着心がない(自分の持ち物、お金を把握していない)
  2. 寂しさを感じている(心のスキが多い)
  3. 自分で調べない(他人の言うことを鵜呑みにしてしまう)
  4. タダを疑わない(好意的に考えてその裏を考えない)

毬谷友子は、女性に当てはまると言っておりますが、これは、男性でも当てはまる人結構多いと思うんですよね。特に、自分で調べないっていう事については、自分の知り合いにマルチにはまっている人がいるんですが、彼はこの部分ドンピシャですね。

統一協会と戦った飯島景子の場合

番組のコメンテーターやタレントとして活躍していた、飯島景子は 1991 年に『統一教会』に入信し、翌年の 1992 年に実の父親である飯島晃一氏とカウンセラーらの説得によって脱会した。

dailycult.blogspot.jp

辺見マリも毬谷友子も相手が個人的な付き合いというか、身内から囲まれているケースですが、飯島景子の場合は、宗教法人。もう、お亡くなりになってしまいましたが、彼女の父である飯島晃一氏は、当時マスコミに向けて「娘を取り戻す。統一協会が潰れるまで闘う」と宣言して大きな話題を呼んだそうです。

統一教会といえば音無美紀子の入信(洗脳)騒動もあったみたいですね。

洗脳する側の規模と特徴を考察してみた

f:id:satril:20161224190330j:plain

以上少ないですが、4 名の芸能人を紹介いたしました。しかし、この時点で気づきが。実は、この記事を書く前まで「芸能人が洗脳される理由」を調べていたのですが、問題の本質は芸能人だろうが一般人だろうが、本人の家庭環境を含む生活環境や生い立ち、性格など様々な問題が絡みついてくるものなんだなと改めて思いました。

ただし、洗脳する側としては、洗脳後に何らかの利益を搾取することを前提としております。ここで搾取したいものが何かによって、洗脳する側の規模と特徴が分かるのではないだろうか。

例えば、お金を搾取する前提とした場合、一個人、もっと極端に言ってしまえば、自分みたいなサラリーマンから搾取する場合は、年収なんてたかが知れているし、いくら借金などをさせてお金を作ったとしても、億もいかないのではないか?
なので、自分みたいな一個人から搾取する場合は、家族も巻き込んで搾取される特徴が多いのではないかと思う。

この場合、洗脳する側としては、宗教法人などの公的な団体ではなく、比較的に小さい規模(口コミレベル)のコミュニティなんじゃないかと思います。なので、この記事で紹介した辺見マリや毬谷友子を洗脳した連中は、搾取したいものが金銭だったこともあり、規模としてはこれらに当てはまりますね。

もっとも、この連中は、1 人あたりから搾取する金額は、結構な金額になると思うので、犯罪とギリギリのラインだろうね。ていうか、犯罪だよね(笑)

しかし、宗教法人などの団体の場合は、前述したような搾取はできないでしょう。なぜなら、犯罪などを犯してしまうと、団体が存続しなくなりますからね。金銭の獲得よりも、運営が永続的に持続する信頼を獲得することを第一に動いていると思います。

なので、飯島景子や音無美紀子などは、こちらに当てはまるんではないかと思います。真面目で一般人からの支持が高いキャスターとかアナウンサー、タレントの入信は、お金よりも価値がありますよね。団体の健全さをアピールするには持ってこいです。

洗脳されたくない人は、洗脳する側になってみよう

f:id:satril:20161224182042j:plain

自分としては、宗教だろうが、アムウェイだろうが、詐欺師だろうが、何かにすがりたい人って結構多いのではないかと思っております。このすがりたい気持ちの背景は『金・人間関係・孤独』など様々だと思います。実際、自分もお金が原因で「何かにすがりたい」と思って、手を出したのが情報商材でしたからね。この部分は、過去に書いた記事を参考にしてください。

www.tokyo-inspire.com

話は戻して、この「何かにすがりたい」という人間が持つ心の隙間にうまく入り込み、利益を上げている人たちなんて世の中腐るほどいると思います。ただし、それが本人も納得して本人に利益となっているのであれば、別に問題無いとも思っております。

問題は、洗脳させて本人も納得しているように仕向けたり、要求の度が過ぎたりすることが問題だと思うんです。あまり行き過ぎると人間的に破滅してしまいますからね。

しかしながら、この部分のラインって微妙ですよね。黒か白かで計れないので困ったもんです。なので、そういう方には是非、洗脳する方に回って物事を考えてみることをオススメします。余談ですが、Yahoo! 知恵袋で数年前に、この手の問題で投稿された回答がかなり参考になるので参考にしてみてください。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

この内容を参考にして、洗脳する側が考えているロジックを意識することで、少なくても洗脳されることはなくなるのではないかと思う。『敵を知らず己を知らず』とはよく言ったもので、自分自信を客観的に見て、足りない部分を情報や経験で補うというが洗脳されないためにも大事だと思っております。
もっとも、洗脳された側のロジックを得たからといって、洗脳する側になってはいけませんよ(笑)