東京インスパイア

都内で働く高卒リーマンの記録

ブログ記事数『30記事』を書いて思った今後の傾向と対策

f:id:satril:20170214014649j:plain


いやー『東京インスパイア』もおかげさまで、30 記事を超えました!

実は自分の中で、30 記事を一つの小さな目標にしておりまして、この 30 記事を超えれば、50 記事・100 記事と継続して続けていくんではないかと思って、コツコツと頑張っておりました。

まあ、世のアフィリエイトブロガーやプロブロガーの方々にとってみれば、30 記事なんてたかが知れていると思うのですが、自分にとって 30 記事もブログを書くなんて初の境地でございます。

ただし、30 記事までの道のりは、いわゆる『怠惰』『堕落』との戦いでもありまして、自分という人間がいかにショボイ人間かもよく分かった次第でございます。

今回の記事は、本ブログ『東京インスパイア』が 30 記事を迎えて、どのようなブログかを客観的に見ることと、私、カバモト・カバオが 30 記事を書くうえで感じた傾向と対策を報告したいと思います。

スポンサーリンク
 

 

 4 つの記事に支えられている『東京インスパイア』の現状

f:id:satril:20170213013825j:plain

『東京インスパイア』の特徴は、ある 4 つの記事に支えられているといっても過言ではありません。

仕事中、時間があれば『Google アナリティクス』を見ている自分は、いつも 4 つの記事が上位を占めていることに焦りを感じます。特にその中でも 1 位の記事は、全体のプレビュー数の 1/3 を占めているので、収益体制としても分散させたいのが本音なのです。

しかし、この 4 つの記事を書いてから、いくつかの記事を書いておりますが、全くと言ってもいいほど、ヒットしません。この状況は、流石に「どうにかしたいな...」っと思っていたんですが、中々解決策が見つからないでいたんです。

しかし、最近はなんとなく原因が分かったような気がするんですよね(笑)

その原因を次のポイントで説明したいと思います。

 

そもそも圧倒的に足りない記事の数

f:id:satril:20170214010216j:plain


まず、どう考えても 30 記事というのは、少なすぎますよね(笑)

例えば、Google で『ブログ 記事数 目安』っと入力すると、大体 100 記事を目安にと出てきますし、記事によっては 100 記事からをスタートラインと意識することをアナウンスしていました。

そう考えると、自分の 30 記事なんて鼻くそみたいなもんです。やっぱり、稼いでいるアフィリエイターは 100 記事なんて当たり前みたいなこと言ってますしね。

なので、次の目標としては、50 記事を目指したいと思います。ただし、雑記ブログで稼ごうとるのであれば、2000 記事くらいは書けば稼げるかもしれないと、マナ (@webmaster_mana) さんは仰っておりました。

もっとも、マナさんは特化型ブログであれば、1000 記事を目安に頑張っていければとも話しておりました。

ここまで、書いていて分かるとおり、自分の場合ですと「まだまだ」ということがよーく分かりますよね。なので、これからは、早く記事数を増やしていきたいと思っております。

また、そのために何をやるべきか、いやもっと言えば『何を辞めるべきか』ということに視点を持っていく必要があると思いました。

なので、その部分を次の段階で説明したいと思います。

 

異様に長い文字数で構成された記事を辞めようと思う

f:id:satril:20170214010419j:plain

本ブログ『東京インスパイア』は、比較的に文字数が多い記事が目立ちます。この理由としては、2 つあって、1つは、ユーザの滞在時間を多くしたいという思いと、2 つめは、過去にトレンドブログをやっていたとき 700 文字の記事を量産していたところ、Google からは評価されなかったという背景がございます。

なので、この『東京インスパイア』では、一つの記事を丹念正確にをモットーにして、まさに「 一記事入魂」を意識して書いておりました。

しかし、どんなに私、カバオが一生懸命に書いたとしても、記事を見るユーザにとっては、そんなのどうでもいいと思うんです。その典型的例がこの記事ですね。

www.tokyo-inspire.com

こちらの上記の記事は、述べ 14,000 文字で構成されております。それなのに、記事を書いてから半年が経過している現在までの平均滞在時間は「 3 分 17 秒」なんです。14,000 文字を 3 分 17 秒で読めるわけないんです。

なので、この結果を知り合いのアフィリエイターに相談したんです。すると、知り合いの方は以下のようなお言葉をいただきました。

 

「 記事がクソだから離脱しとるんやろ!? 」

 

いやー、こんなに普通に脊椎を折られるような事を言われるなんて、ホントにびっくりでしたわ(涙)

しかし、実際、本当の事だからしょうがないと思いますし、もっと言えば、自分が書いていない前提でこの記事を見たとしても、恐らく見ない可能性が高く、見たとしても離脱する可能性は高いだろうなと思っております(笑)

 

それともう一つ、自分が再びブログを書くキッカケを与えてくれた、クロネコ屋@アフィリエイターさんが以下のようなツイートをしておりまして、なおさら文字数の減少への方向に舵を切ろうと思いました。

このツイートを見て、確かにそのとおりだなと思いました。 実際、記事を読んでくれるユーザ様に少しでも情報量を多くして、正確な記事を提供しようと思ったとしても、うまく伝えれてなかったり、そもそも面白くなかったりすれば、すぐ離脱するのは目に見えてますよね。

なので、今後の対策としては、以下のようにやっていこうかなと思っております。

 

ブログを書かないという気持ちにさせないための対策

f:id:satril:20170214015445j:plain

さて、最後になりますが、ブログを書いているとどうしても『怠惰』『堕落』の精神が付き纏います。特に自分なんかですと、平日のどこかで早く終わると思って「よし今日こそは、一記事書くぞ!」っと思っていても、ほとんど書けません...

理由としては、様々なものがあるのですが、大半は自分自身にあると思っております。なので、結果的に言えば、ブログを書き続けるために一番の対策は、自分自身に負けないことだと 30 記事を超えて思いました。

そのためには、生活習慣を見直すことも大事だと思っております。もちろん、抜本的な改善などは、早々にできないと思いますが、例えば、平日の◯曜日は、絶対にブログを書く日を設けたり、それに伴ってブログを書く日はお酒を飲まないなど、少しずつですが、設定していければなと思っております。

最後に..

さて、簡単ではございますが、この『東京インスパイア』について客観的にお答えさせていただきました。いずれにせよ、少しずつですが、邁進していきたいと思っております。
あと、稼いでいるアフィリエイターさんのブログも今回を機会に見て見たいと思っております。こういう基本的なところが出来ていないのに、10,000 文字も書くバカがどこにいるんだよ(笑)って、言われる前に頑張らないとね。