読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京インスパイア

都内で働く高卒リーマンの記録

ヨドバシで10万円~15万円の価格帯で買える4Kテレビの写真撮って来たぜ!

f:id:satril:20170228150534p:plain

ここ最近、どうしても欲しいものが 2 つあって、そのうち 1 つは『お金』なんですが、もう一つは『4 K テレビ』なんです。

もっとも『お金』が無いと『4 K テレビ』を買うことができないことは、分かりきっているのですが、もういっそのこと誰かから「ホラよっ!」って感じで貰えるんじゃないか?っと淡い期待を抱きながら日々を過ごしているのですが、そんな淡い期待なんて一瞬で崩れ去るほど、超節約生活をしている今日この頃です(涙)

しかし、それでも諦めきれない自分は、つい先日、仕事中にもかかわらず、新宿のヨドバシカメラに行って来て、10万円 ~ 15万円の価格帯で購入できる『4Kテレビ』を調べて写真を撮ってきました。

写真にした理由は、もちろんブログに書きたいということもありますが、いずれ買うであろう『4Kテレビ』の相場を知りたかったことがあります。もっとも、写真に保存したことで余計に欲しくなったので、もう借金するか金利高いけど、カードローンで分割で支払ってもいいから買おうかと思ったりして、少し前のめりになっておりますが、自分と同じように『4Kテレビ』が喉から手が出るほど欲しい人は、今回の記事を参考にしてください。

ヨドバシカメラ新宿店で10万円~15万円の価格帯で買える4Kテレビは5大メーカーに絞られた

ヨドバシカメラ新宿店だと、5 つのメーカーに絞られましたね。それは、以下のメーカーのとおりです。 

  • Panasonic
  • SHARP
  • TOSHIBA
  • LG
  • SONY

もっとも、10万円以内だったり、15万円以上だったり予算の幅を変えると他のメーカーも出てきます。しかし、10万円以内だとディスプレイサイズが小さすぎるし、15万円以上だと逆にディスプレイサイズも機能面も乱立しがちになりますし、そもそも予算がキツくなってきますので、ここら辺の価格帯が丁度いいのではないかと思っています。

 

それでは、早速ですが上から順に発表していきたいと思います。あっ!ちなみに、画像の価格帯については、平成29年2月後半時点の価格です。それと、ヨドバシカメラのポイント還元とか使えば、おそらく 10,000 円くらいは値引きできるかもですので、価格帯を調べるときは参考にしてください。

 

パナソニック 43V型 4K 液晶テレビ HDR対応 VIERA 4K TH-43DX750

f:id:satril:20170228155430j:plain

Panasonic は先日、宇多田ヒカルが出したアルバム『Fantôme』の収録曲で椎名林檎とフィーチャリングした曲『二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎』の PV の製作もしているとあって、店内でもこの曲が流れている VIERA がありました。

 

news.panasonic.com

 

その映像を見てて思ったのが、宇多田ヒカルと椎名林檎の顔の毛穴までハッキリと分かる鮮明さでしたね(笑)あと、DX750シリーズは『HDR』対応しているだけでなく『HEXA CHROMA DRIVE』とうものが搭載されているらしいので詳しくは下のリンクから調べてみてください。

panasonic.jp

『TH-43DX750』は、数ある 4 Kテレビの中でもかなり高スペックなほうに分類されると思います。


パナソニック 43V型 4K 液晶テレビ HDR対応 VIERA 4K TH-43DX750

 

パナソニック 49V型 4K 液晶テレビ VIERA 4K TH-49DX600

f:id:satril:20170228160947j:plain

こちらは、恐らく先ほどの DX 750シリーズのダウングレードですね。

『HDR』と『HEXA CHROMA DRIVE』 は付いてないですが『DYNAMIC SOUND』システムというものを搭載しています。

※  DX 750シリーズ にも『DYNAMIC SOUND』は搭載されてます

 

性能は先ほどの DX 750シリーズ より劣るものの、画面サイズは 49 V 型なので、大きい画面を検討している人にこの価格帯は魅力的に感じると思います。

 

パナソニック 49V型 4K 液晶テレビ VIERA 4K TH-49DX600

 

シャープ 40V型 AQUOS 4K 液晶テレビ HDR対応 高精細4K低反射液晶パネル LC-40U40

f:id:satril:20170228165112j:plain

民事再生問題で何かと話題になっていた SHARP ですが、この 『U40』シリーズでは、オーディオメーカーの『ONKYO』と共同開発して高音質の設計を構築している見たいですね。あと『HDR』も対応しております。

ちなみに別売りの『 AQUOS ココロビジョンプレーヤー』と接続して、Android TV アプリや COCORO VISION を楽しめるらしい。まあ、あんまりいらんかな...w


シャープ 40V型 AQUOS 4K 液晶テレビ HDR対応 高精細4K低反射液晶パネル LC-40U40

 

東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 40M500X(K)

f:id:satril:20170228170216j:plain

企業としての存続も危ぶまれている東芝。特筆すべきところはあまりないと思ったけど、価格コムで見たら10万以内で売っていた。

なので、国内メーカーのテレビで 4 K に拘っている人が安く手に入れたいなら、オススメなのかもしれませんね。あと上の画像は違うのですが『500X』の 40 V 型のみ 4 K テレビとして初となるホワイトカラーモデルがあるみたいです。

 

東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 40M500X(K)

 

東芝 43V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 43Z700X

f:id:satril:20170228170226j:plain

上記の『 500 X 』 よりもハイスペックのモデル。画面の中は『全面直下LEDバックライト』『広視野角IPSパネル』を採用している。あと、放送済みの過去の番組を番組表からすぐに再生できる『タイムシフトマシーン』機能が搭載されているらしい。ただし『タイムシフトマシーン』は別売りの USB ハードディスク必要らしい。

 

東芝 43V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 43Z700X

 

LGエレクトロニクス 55V型 4K 液晶テレビ UH6500シリーズ HDR対応 IPS4Kパネル スリムボディ Wi-Fi内蔵 55UH6500

f:id:satril:20170228173336j:plain

つづいては海外メーカー、といっても韓国のメーカー『LG』の 4 Kテレビ。恐らく、この画面サイズでこの値段は、国内メーカーでは出せないのではないでしょうか。

もっとも「韓国のメーカーか...」 っと思う人もいるかと思うのですが、実際現物を見て見ると国内メーカーにも負けてない気がしました。

 

先ほどの REGZA は「国内メーカーで安く買うなら」という言い方をしましたが、LG の『UH6500』シリーズは「4Kテレビを安く買うなら」一番に検討されるんじゃないかと思います。

 

ちなみにワンランク上と言われる『UH7500』シリーズでも上の『UH6500』シリーズの55V型であれば、特別に変わるものってあんまりない気がしましたね。というのも本来『Local Dimming』っていう機能が『UH7500』では実装されていて『UH6500』には実装されてないんですよ。

 

f:id:satril:20170228173338j:plain

 

でも『UH6500』の55V型であれば『Local Dimming』も搭載されているので、恐らくあんまり変わりはないんじゃないかと思います。

 

LGエレクトロニクス 55V型 4K 液晶テレビ UH6500シリーズ HDR対応 IPS4Kパネル スリムボディ Wi-Fi内蔵 55UH6500

 

ソニー 49V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)BRAVIA KJ-49X7000D

f:id:satril:20170228180910j:plain

最後は、ファイナンス部門が好調の『SONY』の BRAVIA の 4 Kテレビ。写真の『X7000D』シリーズは、BRAVIA の 4 K テレビの中でも『スタンダード 4 K』と称されています。

 

ちなみに自分が一番欲しいテレビでもございます(笑)

 

というのも自分は、昔から『SONY』の BRAVIA シリーズが好きなんですよね。やはり、デザインがいいのか、使っていて妙にしっくりくる気がします。

あと、他の 4 K テレビにも Android TV は搭載されていると思うんですが、UI を見た感じだと BRAVIA が一番良さげでしたね。

 

ソニー 49V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)BRAVIA KJ-49X7000D

 

ソニー 43V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビブラック(別売USB HDD録画対応)BRAVIA KJ-43X8300D-B

f:id:satril:20170228182245j:plain

先に紹介した『X7000D』のワンランク上のモデルである『X8300D』シリーズ。BRAVIA はこの『X8300D』から『プレミアム 4 K』と称しており、その理由は『トリミナスティディスプレイ』『倍速駆動パネル』が搭載されております。

 

個人的には、この『倍速駆動パネル』が興味ありまして、その理由として1秒間 60 コマ の映像を 1 秒間に 120 コマにして映し出す技術らしいんです。

なので、コマ数が多いと映像がヌルヌル動くので残像感が減少されてよりリアルに映像が反映すると思います。

なので、欲をいえばこの『X8300D』シリーズの 49 V 型が欲しいんですがね...

 

ソニー 43V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビブラック(別売USB HDD録画対応)BRAVIA KJ-43X8300D-B

今回調べてみて分かったこと

f:id:satril:20170228184353j:plain

今回、調べてみて分かったこととしては 3 つあります。

 

1 つは、これはあくまでも個人的な感想なのですが、いくら 4 K とはいえ 43 V 型だと少し物足りなさを感じます。小さいという意味です。特に Netflix などのオリジナルコンテンツを見ているときに感じました。

 

2 つめとしては、43 V 型を買うんだったら、頑張ってあと数万円出して 15 万円の予算を少し超えたとしても、同モデルの 49 V 型を買うことができるので、もし 43 V 型と 49 V 型のどちらを買うか迷っている人がいたら、私は迷わず 49 V 型をオススメいたします。

 

最後の 3 つめも、 2 つめと似ているんですが BRAVIA を例にしたら分かると思うのですが『X7000D』49 V 型の4 K テレビを買おうとした場合『X8300D』のようなワンランク上のシリーズの 4 K テレビの存在がチラついて正直迷います(汗)

先ほど自分は「迷わず 49 V 型」をオススメしますとは言ったものの、ワンランク上のもので 49 V 型を購入するとなると 20 万円近くする 4 Kテレビも多くなるかと思います。

 

ちなみに、この『ワンランク上シリーズ問題』は恐らくですが、どのメーカーでも見られると思います。その一例を下記に記載いたしました。

 

Panasonic(VIERA) の場合 

DX600(スタンダード) → DX750(ワンランク上)

TOSHIBA(REGZA) の場合 

500X(スタンダード) → 700X(ワンランク上)

SONY(BRAVIA) の場合 

7000D(スタンダード) → 8300D(ワンランク上)

 

この他にも各メーカーでワンランク上のモデルがあって、絶対に迷うと思います。

でも、自分は思いました。

 

「ワンランク上の 4 Kを買わずに迷うくらいなら予算オーバーしても買ったほうがいい」

 

いわゆる『安物買いの銭失い』とも言いましょうか。数万円の迷いで、モヤモヤするのであれば、あと数万円出して満足いくやつを買ったほうがいいと思うんですよね。

なので、もし 4 Kテレビを買おうと迷っていて自分と同様に悩んでいる人がいたら、絶対に後悔しないようにしましょうね。

 

なので、自分は上の画像の『X8300D』の 49 V 型を絶対に買うと決めました。

 

これで Netflix の『ナルコス 2 』を見るまで、Netflix は当分禁止にしようと思います(笑)果たして、いつになることやら...