東京インスパイア

都内で働く高卒リーマンの記録

地方の田舎モンが東京で見聞を広めるためにやったこと

f:id:satril:20170325201249j:plain

2017年の3月も終わりに近づき、いよいよ新年度が始まろうとしておりますね。この時期は、出会いと別れが多い時期でもありますが、新しく社会に出る新卒の学生のみなさまは、そんな甘酸っぱい思い出に浸ることなく、新生活に向けて準備しているのではないでしょうか。

今回は、そんな中でも地方から出てくる新社会人のみなさまに向けて、初めて東京(一都三県)で一人暮らしをするにあたってやるべきことを熊本県の片田舎出身のカバオが記事にしてみました。

何もかもが初めてづくしで不安になったり、地元を離れて孤独を感じたりして自暴自棄になったり、東京の新しい環境が合わず地元に帰ったりする人が毎年いたりするみたいですが、まさにそんな方に読んで欲しいと思います。

なぜなら、東京はアナタが思っている以上に面白いところです。新しい環境で心が折れそうになったら、是非この記事を参考にし、見聞を広めて東京をサバイブしてください。 

関東圏内の地理を大体でいいので覚えておこう

f:id:satril:20170320180032p:plain

見ず知らずの慣れない土地に来て、不安にならないために、今住んでる土地をよく知ることは、本当に大事なことです。特に関東の場合は、東京だけが都会というわけではなく、隣接する千葉県、埼玉県、神奈川県(山梨は除く笑)などの市街地も地方出身者からすれば、都会と感じると思います。

また、勤務地が東京だったとしても、前述した三県に住んでいる方が結構多いのも事実です。なので、地方から出て来て東京に住むのが嫌になったとしても、他の三県であれば自分に合うってこともありますので、土地勘を持って、少しは余裕を持つようにしましょう。

 

ちなみに自分は、以前 記事 にもしましたが、 最初の就職先がトラックの運転手だったこともあり、関東圏内の地理は、20 歳になる頃には、大体分かるようになっておりました。

しかし、自分みたいな経験をすることってあんまり無いと思いますので、土地勘がなくて、どこから覚えればいいのか分からない人にこれだけは覚えておくべきものを 2 つだけ紹介したいと思います。

 

電車の駅名をなんとなくでいいから覚えよう

f:id:satril:20170320185038j:plain

自分が東京に来て、驚いたのが電車の数です。おそらく、世界でもトップクラスに電車が多いんじゃないかと思っております。地方出身者で車社会の方からすれば、交通機関の多さにビックリするのではないでしょうか。

ただし、あまりにも電車の数が多すぎるので、全てを覚えるのは無理です。なので、一都三県でも主に都市部の駅名と沿線をぼんやりとでいいので把握しておきましょう。仕事やプライベートでも役に立つと思います。

 

どこの駅に何があるのか?そして何ができるのか?

駅名と沿線をある程度覚えたら、今度は上のこの部分を大体でいいんで、把握しておくだけでも何かあった場合、そのときの状況に適した行動ができるかと思います。

 

ちなみに昔から東京に住んでいる人とかは、意外なことにあんまり土地勘がない人が多いです。なので、地方出身者のほうが駅名とか沿線に詳しかったりしますね。

 

運転免許を持っている人は休日にドライブでもしてみよう 

f:id:satril:20170320181450p:plain

これは免許を持っている人で構わないですが、関東圏内って車でしか行けない魅力的なお店や、アクティビティなんかが結構あります。例えば、夏だったら、山梨の『道志の森』に行ってキャンプしたり、冬だったら群馬の『草津国際スキー場』でスノボしたり。

もちろん、公共交通機関を使って行けないこともないと思うのですが、ここはあえて自分で車を運転して、その目的地の道中を楽しみながら行くことをオススメします。

 

ちなみに、話は脱線しますが、関東で知り合った女の子と初めて宿泊旅行するときは、箱根とか日光とか車で行ける 1 泊 2 日の宿泊旅行にすることをオススメします。

なぜなら、途中で喧嘩しても、2 日我慢すればいいですからです!っというのは冗談で、初めから飛行機とか使ってお金を使う旅行よりは、近場でいいんで高級温泉宿とか行ってゆったりしたほうがいいです。高級宿とかに泊まって特別な時間を初めての彼女と共有したほうが色んな意味で距離が近づきますからね。

ちなみに車がなくてもレンタカーで行くのもありです。お金に余裕がある人は、レンタカーでも軽自動車ではなく、ワンランク上のモデルをレンタルして彼女を連れてってあげてください。

 

自分だけのお気に入りのお店をいくつか覚えておこう

f:id:satril:20170325161855j:plain

東京にはたくさん魅力的な飲食店がありますが、新卒で上京して来た地方出身者の方々は、そんな魅力的なお店を堪能するまでに時間がかかると思います。もちろん、人によっては、そんなことなく東京での生活を満喫している人もいるかもしれませんが、大半の方は、右も左も分からず余裕のない状況だと思います。

しかし、これから社会人として生活していくと様々な方にお会いすることになります。それに、ある人と意気投合して「今度食事でも行きましょう」と言われた場合に「ここ行きませんか?」と言えたほうが相手も自分自身に興味を示してくれることが多いです。

 

ただ、新社会人になって上京したての時期って、そもそもどこのお店が美味しくて、どこのお店が人気があるとかも分からないと思います。それに、知り合いもいないのに一人で食べに行くのも億劫になったりする人もいるでしょう。

そういう方には、自分がやってきた方法を 3 つほどご紹介したいと思います。

余談ですが、自分の場合ですと、20 代前半までお店とか全く興味が無かったのですが、最近になってお気に入りのお店がいくつかできました。

ご紹介する方法が参考になるか分かりませんが、少しづつ、本当に少しずつでいいので、自分だけのお気に入りのお店を見つけてみてください。

 

お店選びはネット以外の情報も参考にしよう

f:id:satril:20170325171607j:plain

お店を選ぶときにありがちなのが、スマホで『◯◯駅 居酒屋 オススメ』とか検索して、上位表示されたサイトに飛んで、そのお店の口コミを参考にするってこと結構多いと思うんですが、その口コミの内容が悪かったりすると、他のお店のリンクに飛んで口コミを見て、参考にして...というような流れになって、負のループになることって結構多いと思うんです。

なので、そういう方は、ネット以外の情報も参考にしてみてください。例えば、テレビだったら、テレ東の『出没!アド街ック天国』とかは参考になるかもしれません。

 

あと、雑誌だったら『東京カレンダー』とか『danchu』とかはオススメします。暇なときにフラッと本屋とか行って、こういう雑誌を 10 分くらい見るだけでも、かなり参考になると思います。

 

最後に本の場合は、色々と選ぶ基準が難しいと思います。しかも、よく見ると雑誌とあんまり掲載している内容が変わらなかったりしているので、ここは敢えて芸能人とか有名人が出している本とかを参考にするのをオススメしたいと思います。

個人的には、お笑い芸人『アンジャッシュ』の渡部健が出した本は、かなり重宝しておりますね。この本を Kindle で買って、iPhone で見れるようにして、何回デートで使ったことか...

 

気になるお店があったらとりあえずランチに行ってみる

f:id:satril:20170325174720j:plain

気になるお店があったとして、どんな感じなのか少し見てみたいと思ったら、そのお店がランチとかやってないか確かめてみましょう。以外と夜だけでなく、昼も営業しているところが多かったりします。

それにランチだったら、一人でも行きやすいと思いますので、視察も兼ねてオススメします。

 

一人で行くのに抵抗があるなら誰か誘ってみる

f:id:satril:20170325180231j:plain

一人で行くのにどうしても抵抗がある人もいるかもしれません。その背景は様々だと思います。そんなときは、是非誰かを誘ってみてください。

同じ会社の人でもいいし、お客様でもいいし、友達でもいいので誰かと行ってみてください。誘われたほうも嬉しいと思いますからね。(よっぽどのことがない限り...)

 

ちなみに、どんなお店でも一人で行くことに抵抗がある人は、同性どうしでもいいと思いますが、お洒落で敷居が高い店に一人で行くことに抵抗がある人は、異性と行くことをオススメします。

なぜなら、お洒落で敷居が高いところに男二人で行ったってしょうがないから(笑)それに、男の意見よりも女性の意見を参考になると思います。色んな意味で。

 

興味がある分野の勉強会(セミナー)に参加してみよう

f:id:satril:20170325183020j:plain

大人になったら学校と違って自主的な勉強というものをしなくなっていきます。私、カバオも 18 歳で社会に出て 24 歳くらいまで勉強というものをやってきませんでした。

なので、そのツケが、この年齢になって重くのしかかってきております(苦笑)

 

ただし、社会人になると勉強というより、自分が知らない情報をいかに効率よく収集し、知識として身に付けていくかが重要になってくるのではないかと思います。なので、興味がある分野があった場合、一から勉強することもいいと思いますが、予め答えを知っている人の意見を参考にしたほうが確実に効率的だと思います。

 

なぜなら、社会人になると慢性的に時間が足りなくなってくることは明らかですし、そもそも「少し興味があるから」という意識だけで、ある分野を一から勉強したとしても、あまりよく分からないで終わることって多々あると思うんです。

なので、そういうときは、見聞を広める意味でも勉強会やセミナーに参加して、全体像をぼんやりでいいので、把握してみてください。

 

休日とか仕事が終わったあとの数時間とかで開催している勉強会とかセミナーって結構色々なところでやってます。特に東京は、毎日のように何かしらのイベントをやってますからね。

ここでは、個人的にオススメのサイトを 2 つほどご紹介したいと思います。

 

1. PeaTiX(ピーティックス)

peatix.com

ピーティックスは、特定のジャンルなどに縛られていないので、色んな勉強会やセミナーなどを体験することができます。あと勉強会やセミナーだけでなく、音楽ライブとかもやっていたりするので「休日暇だから、何か面白そうなのやってねーかなー」って方にオススメですね。

 

2. dots.(ドッツ)

eventdots.jp

ドッツは、IT の要素が強いイベント情報サイトだと思います。特に技術的なものに特化しておりまして、初心者が学ぶようなものから、ハッカソンとかガッツリ系のイベントもやっております。あと技術的なもの以外でもイケイケのベンチャー企業などのマインドセットなどを学べる勉強会もやってたりします。

 

まとめ

最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事を書いていて改めて、自分が初めて東京に来たときは、本当に何も考えてなかったなーと思いました(笑)

以前記事にもしましたが、上京したての頃の自分は、最初の 1 年は順調だったんですがね、その後とんでもないくらい暗黒時代に突入します。あのときの自分にもしこういう見聞があれば、少しは違った道を歩んでいたかもしれません。

 

▼カバオの過去が気になる人はコチラ

www.tokyo-inspire.com

www.tokyo-inspire.com

www.tokyo-inspire.com

 

この過去の自分の記事を読んでいて分かると思いますが、今から 10 年前の自分は、ビックリするくらいの情報弱者でした。しかし、そんな自分でも、今ではなんとか東京を舞台に日々働いております。

もっとも、今回のこの記事では、当たり前のことしか書いていないので、人によっては、しょうもないと思う人もいるかもしれません。しかし、新社会人が持つ将来に対しての不安や日々の孤独感などは、基本的に暇で何もやることがないから襲ってくるものだと個人的に思っております。

なので、そのようなことにならないためにも、脳みそをフル回転に使って自分自身を適度に追い込み、見聞を広めて東京をサバイブしてみてください。