東京インスパイア

都内で働く高卒リーマンの記録

【保存版】個人的に脳裏に焼きついたドキュメンタリー映画をいくつかオススメしたい

f:id:satril:20170506194555j:plain

つい先日、この『東京インスパイア』でも何度か出てきた、カバオの元上司である S さんと、ランチをすることになり、その席で好きな映画の話しになってお互いのオススメ映画を紹介することになったんですよね。

んで、そのとき気付いたんですが、自分が S さんにオススメした映画のほとんどが、ドキュメンタリー映画だったんですよね。ただし、S さんもそうですし、自分の周りもそうですが、ドキュメンタリー映画を見てる人ってあんまりいないんですよね。

なので、今回は自分が今まで見たドキュメンタリー映画の中でも、特に脳裏に深く焼きついて印象に残った作品を紹介したいと思います。ドキュメンタリー映画に抵抗があるけども少し興味もある人なんかは今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク
 

 

カバオがオススメする脳裏に深く焼きついたドキュメンタリー映画

それでは、早速ですが紹介したいと思います。もっとも、最初に断言しておきますが、今回のオススメは、自分が独断と偏見で選んでおりますのであしからず。

あと、今後もいくつか追記していきたいと思います!

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ

f:id:satril:20170507101200j:plain

あらすじ

誰もその素顔を知らないというミステリアスな素性と、社会風刺に富んだグラフィティ・アートを世界各地でゲリラ的に展開する大胆不敵な活動で世界的に注目集める覆面アーティスト、BANKSY(バンクシー)。

そんな彼が自ら監督し、ストリート・アート、そしてアート・ビジネスの世界にユニークな切り口で迫る異色のアート・ドキュメンタリー。

LA在住のフランス人アマチュア映像作家ティエリー・グエッタは、危険を顧みず警察の取締りにも怯むことなくグラフィティを描き続けるストリート・アーティストたちの活動を追い始め、やがてバンクシーとも接触する。

ところが、ティエリーに映像のセンスがないと見抜いたバンクシーは、カメラを奪い取り、逆にティエリーを映し始めるが…。

※ TSUTAYA ディスカスから引用

カバオの感想

この映画は、数年前に TSUTAYA でレンタルされていたので見ました。

んで、この映画を見るまでは、恥ずかしながらバンクシーというアーティストを存じ上げませんでした(汗)まあ、当時の自分のようにバンクシーを知らない人は、OMG さんのこちらの記事を参考にしてみてください。

www.omg-ox.org

この映画の醍醐味は、バンクシーが初めて生身の人間を使った作品というところでしょうね。もちろん、作品の材料はティエリーなのですが、アートの才能もないティエリーは、バンクシーのバックアップのもと『ミスターブレインウォッシュ』というアーティストとしてどんどん頭角を表していきます。

 

個人的に一番面白かったのは、ティエリーが『ミスターブレインウォッシュ』のギャラリーをやるにあたって、設営作業をやっているスタッフに対して、めちゃくちゃ横暴な態度を取ったりしながら、なんとかギャラリーを展開するところ。

もはやアーティストというよりも、私利私欲に走った一人の勘違いアーティストって感じでティエリーを映しております。そして、そんな裏事情があるにも関わらず、ハリウッドセレブ(ブラピとか)が、そのギャラリーに来たりして大盛況で終わるところとかは、あまりにも滑稽で笑えますね。

バンクシーという圧倒的なグラフィティアーティストが、世間が抱いているアート(芸術)という本質を徹底してコケにするところが爽快に気持ちいいです。

アクト・オブ・キリング

f:id:satril:20170507101506j:plain

あらすじ

1965年にインドネシア大統領・スカルノがスハルトのクーデターにより失脚、その後、右派勢力による「インドネシア共産党員狩り」と称した大虐殺が行われ、100万人以上が殺害されたといわれている、9月30日事件を追った作品。

当時、虐殺に関わった者たちを取材し、彼らにその時の行動をカメラの前で演じさせて再現するという手法をとった異色のドキュメンタリー映画である。

なお、製作に関わった多くの現地スタッフは、事件がインドネシア国内では未だにタブーであり、名前を明かすことが様々な危険を伴うとの理由から、“ANONYMOUS"(匿名者)としてクレジットされている。

※ Wikipedia から引用

カバオの感想

この作品は、自分がシェアハウスに住んでたときに、当時の同居人と一緒に映画館で見に行った作品だったのですが、かなり脳裏に焼きついたのを記憶しております。

www.tokyo-inspire.com

100万人以上の大虐殺を先導していた殺人部隊のリーダーであるアンカルは、当時自分がやったこと(殺戮)を、もう一度演じて作品を作らないかと言われたとき、物凄く嬉しそうに OK します。

さらにアンカルは、自分だけでなく、当時のメンバーにも声をかけてちゃんとした作品にしようと動きます。ちなみに、作品を作るにあたって、この同志たちと、嬉しそうに昔話し(大虐殺していた時代)に花を咲かせるんですよね。

この映画の見どころは、このアンカルと同志を含む殺人部隊の輩は、過去に起こしてきた凄惨を全く悪いと思ってないところでしょうか。

その背景として、未だにインドネシア政府が当時『大虐殺を起こしてきた立場のもの』が政権を握っているので、むしろ讃えられべきものとして認識しております。だからこそ、自分たちがやったことに罪悪感などは、一切ありません。

しかし、そんな殺人部隊の面々も終盤になると「あれ?俺らってヤバいことしてきたんじゃね??」 という感じになってきます。特にリーダーのアンカルは、自分がやった過去の功績過ちとして認識するようになってからは、作品を作ること自体に疑念を抱くようになり、ラストはなんとも言えない感じで終わります。

この映画を見ると、つくづく日本って良い国だなと思いますよ。

くすぐり

f:id:satril:20170507101636j:plain

あらすじ

ニュージーランドの記者であるデイビッド・ファリアは、世間の奇妙な出来事をネタに、ブログ記事なんか書いたりして仕事にしてきた。そんなある日のこと、デイビッドは、ジョーン・O・メディア (以下、JOM) という女性が毎月開催している大会『くすぐり我慢競技』の動画を発見する。

デイビッドは、すかさず取材の申し入れのために JOM のFacebook から DM を送った。しかし、JOM からは「同性愛者の記者の取材はお断り」と返事がくる。その後も何度か JOM とメールをやりとりするデイビッドだが「恥を知れ!」「ゲイ野郎!」と酷く罵られてしまう。

しかし、デイビッドが見た JOM の『くすぐり我慢競技』の動画は、男達が男を押さえつけてくすぐりをやっているのが大半なのだ。なので、デイビッドは「この動画こそ、同性愛者を連想させるものじゃないか...」と JOM の不可解な反応に違和感を持ち始め、ついに JOM に接触しようと試みる。しかし、そこにはとんでもない闇の世界が待ち受けていた。
※ カバオが書きました(笑)

カバオの感想

この映画は、ある日の togetter でこんな記事を見つけたんです。

togetter.com

しかも、Netflix でしか見れないということもあって、ますます興味が湧いて速攻で Netflix で見ました。

この映画を一言でいうと、鬼ヤバイ『サイコ野郎』の実態をリアルに追いかけていくドキュメンタリー映画となっております。この『サイコ野郎』は、IT と 金を駆使して、先進国で生きる若者の心理をうまく利用しております。

そして、被害者は全員がというところも、この映画の深刻さが伝わってきますね。もっとも、現代社会で生きてく若者のほんの一瞬を付いてくる闇の団体の手口は、日本の場合だとアムウェイとかニュースキンとかになると思うんですけどね。

まあ、個人的には、こういう鬼ヤバイ『サイコ野郎』を追っかけていくドキュメンタリー映画ってドキドキして大好きなんですよね。

聖なる地獄

f:id:satril:20170507102521j:plain

あらすじ

カルフォルニアで活動していた、カルト教団『ブッダフィールド』の設立から解散までの約20年間と『ブッダフィールド』のリーダーでもあり、団体のメンバーからはとも呼ばれていた、ミシェルという人物を追ったドキュメンタリー映画。

当時のヒッピーブームに影響を受けたアメリカの若者達が自由を求めて選んだのが『ブッダフィールド』であり、団体の師で神でもあるミシェルだった。

しかし、団体が巨大化するにあたって、ミシェルの本性が団体メンバーに牙を向くようになり、最終的に『ブッダフィールド』を解散するのだが、当時のメンバーの証言からミシェルのその後も追っていくことになる。

※ カバオが書きました(笑) 

カバオの感想

この映画も先ほど説明した『くすぐり』と同じく、Netflix で見ました。そして『くすぐり』と同じく、鬼ヤバイ『サイコ野郎』が出てきます。なんせ、自分のことをと名乗っちゃってますからね。

しかも、そんな『サイコ野郎』のミシェルが洗脳している若者達のほとんどが、現代でいう『意識高い裕福な方々』でして「なぜ洗脳されるんだろう?」っと少し疑問に思ってしまいますが、よくよく考えてみれば、貧乏は目先の金で困っているのに対して『意識高い裕福な方々』は、自由とか未来とか抽象的なものに対して悩んでいるからでしょうね。

もっとも、そうなると『意識高い系』だけでなく、芸能人とか有名人とかでも洗脳されている方って多いです。ここら辺の話しは、自分が前に書いたこの記事を参考にしてください。

www.tokyo-inspire.com

個人的には、神と名乗るミシェルが信者と FU◯K する前に吐く名言がオモロすぎて笑えましたね。

「人間とは仮面である 仮面の裏の人間を見ることはできない だが神の前に立つ時人は裸だ 神は光の中に人を立たせる 師は地上における神の化身」

こんなことを神でも何者でもない、ただの一般人の男がサラッと言うもんですからね、崇められても仕方ない感じもするよ。

憲法とヤクザ

f:id:satril:20170507103323p:plain

あらすじ 

タイトルは、日本国憲法第14条が定める「法の下の平等」にヤクザは含まれるのか、という問題を指す。取材スタッフは指定暴力団・二代目東組(大阪市西成区)の二次団体である二代目清勇会に100日間密着し、40分テープ 500 本分の映像を撮影した。

主にヤクザの日常生活を追いかけ「謝礼金は支払わない。収録テープ等を事前に見せない。顔へのモザイクは原則かけない」という約束で行われた。

放送業界ではタブーとされている暴力団を真正面から撮影したと話題になった。

※ Wikipediaからの引用

カバオの感想

つづいては、日本の作品です。こちらの映画は『ポレポレ東中野』という映画館で見に行ったのですが、当日はめちゃくちゃ人が多くてビックリしましたね。それくらい、一般で生活する人たちの中でも関心が高い作品なんだなと思いました。

ちなみにこちら、制作会社とかではなく東海テレビが制作したドキュメンタリー映画となっております。
もっとも、東海テレビのとしては、ヤクザを擁護するつもりはサラサラないと言っておりまして、だからこそ、客観的にヤクザという世界で生きる人たちの現状を通して『裏社会の現実』と『人権問題』をうまく浮き彫りさせていると思います。

あと個人的に、映画の中では、若くてメガネをかけたヤクザの見習い青年が出てくるのですが、この青年は親分が要求することに対して、どんくさ過ぎて対応できず、いつも怒られてて、一見すると何故こんなどんくさい若者ヤクザになったんだと思うんです。

しかし、映画が進んでいくうちに、この若者は、一般社会には適合させたくてもできないかもしれないなと思うようになっていきました。

では、一般社会に適合できないものが、どうやって生きていくんだという話しになるのですが、そういう若者からするとヤクザの世界は、セーフティネットにもなってるんだなと思います。

ここら辺は、以前書いたこちらの記事に出てくる少女達とも共通するかもしれませんね。

www.tokyo-inspire.com

---追記---
なんと、YouTube でフルで見れるみたいですね!

見れなくなる前に是非ご覧ください!!

紹介したドキュメンタリー映画を見るには?

みなさまいかがでしたでしょうか?少しは、興味が出てきてくれれば幸いです。

ちなみに、上記のドキュメンタリー映画を見るには、ほとんど Netflix で見ることができます。しかし『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』だけは、TSUTAYA で借りて見るしかないみたいですね。

あと『ヤクザと憲法』だけは、まだ流通していないみたいなので、何か進捗あれば報告しますね。

---追記---

上記にも追記しましたが、YouTube で見れるみたいです。

TSUTAYA ディスカス

Netflix

Netflix Japan - Watch TV Shows Online, Watch Movies Online

では、また良い作品があれば追記して紹介したいと思います!では!